今なら7日間無料体験実施中!

英語音読の正しいやり方と効果・おすすめの教材などを徹底解説!

英語音読記事のサムネイル

英語力アップのために音読を実践している人は多いですよね。

とはいえ、

「音読を実践しているけど、いまいち効果が実感できない」

「自己流ではなく、正しい英語音読のやり方が知りたい」

という悩みを持っている人も少なくありません。

英語音読は効果的な英語学習のうちの1つですが、間違ったやり方で実践してしまうと効果を感じづらくなってしまいます。

そこで、当記事では、次のような内容について分かりやすく解説していきます。

  • 英語音読が英語学習に効果的な理由
  • 英語音読がもたらす効果
  • 英語音読の効果的なやり方

最後まで読んで、正しい方法で英語音読を実践し、効果的に英語力をアップさせていきましょう。

※シャドテンラボおよびシャドテンは、株式会社プログリットによって運営されています

LINE公式アカウントでリスニングTIPSをゲット!

リスニング力を飛躍的に向上させたい方へ。

当社のLINE公式アカウントでは、無料で『リスニング力を飛躍的に上げる英語学習法』のWebBOOKを配信しています。

シャドテンオリジナルWebBOOK
シャドテンオリジナルWebBOOK

また当LINEアカウントは登録するだけで、最新のリスニングTIPSやお得なクーポンを手に入れることができます。

リスニング力を飛躍的に向上させるチャンスとなるので、LINE公式アカウントに登録をご検討ください。

目次

英語音読が英語学習に効果的な理由

ここでは、音読が英語学習に効果的な理由について解説していきます。

音読が英語学習に効果的な理由は主に次の4つです。

  1. 音声と文字と意味を結び付ける
  2. すでに持っている知識を高速処理できるようにする
  3. 返り読みをしなくなる
  4. 自然な英語表現が身に付く

音読が英語学習に効果的な理由を理解しておくことで、実践するときのモチベーションも上がりますし、効果を意識して取り組むことができるようになります。

これから1つ1つについて詳しく解説していきますので、ぜひじっくり読んでくださいね。

音声と文字と意味を結びつける

英語音読が英語学習に効果的な理由の1つ目は、音声と文字と意味を結びつけることができることです。

あなたは英語学習に取り組むとき、この3つを結びつけることを意識されていますか?

実は、効果的・効率的に英語学習に取り組むには、この音声・文字・意味の3つを結びつけた学習を行うことが非常に大切なんです。

例えば、次のような学習方法について考えてみましょう。

  • 単語帳を使って英単語を見て覚えるまたは書いて覚える
  • 長文のテキストを使って問題を解く
  • リスニング教材をひたすら聴き、スクリプトで意味を確認する

どれも多くの英語学習者が実践している学習方法ですよね。

しかし、上記の学習方法には、それぞれ以下のような問題点があります。

  • テキストベースの学習
    • 文字と意味に偏り過ぎているため、リスニング力・スピーキング力が身に付かない
  • リスニングベースの学習
    • リスニング力・速解力は身に付くが、ある程度の基礎力が必要な学習であるため、挫折する可能性が高い。
    • 音声と意味に偏り過ぎているため、スピーキング力・ライティング力が身に付かない

つまり英語の4技能(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)をバランスよく伸ばしていくためには、音声・文字・意味の3つを結びつけた学習を実践する必要があるのです。

すでに持っている知識を高速処理できるようにする

音読が英語学習に効果的な理由の2つ目は、音読をすることによって、すでに持っている英単語や文法の知識を高速処理できるようになるからです。

英単語や文法の知識を高速で処理するには、その英単語や文法と何度も出会い、知識を定着させていくことが必要です。

初めて会った人の名前を覚えることが苦手という人でも、その人と何度も会ううちに名前を覚えることができるようになりますよね。これと同様に、英単語や文法も何度も出会ううちに「何ていう意味だっけ?」と思い出すのにかかる時間が短くなっていきます。

繰り返し音読をすることで、自分が知らなかった英単語や文法に何度も出会うことになるので、その単語や文法の音声・文字・意味が脳内に定着していくのです。

さらに、知識を定着させていくためには視覚のみや聴覚のみなど、いずれか1つの感覚を使うよりも、複数の感覚を使う方が効果が高いと言われています。

英語音読は英文を読むために視覚を使い、口を動かして発音し、モデルとなる英語音声や自分の発音を耳で聞くためその他の学習方法よりも知識の定着も速く効果が高いのです。

返り読みをしなくなる

英語音読が英語学習に効果的な理由の3つ目は返り読みをしなくなることです。

「返り読み」とは、英語を前からではなく後ろから(日本語の語順で)英文の意味理解を行うことを指します。

「返り読み」の例

The government said the changes were needed because the previous law protected those who had committed serious crimes from deportation if they were applying for refugee status.

政府は、以前の法律では重大な犯罪を犯した者が難民認定を申請している場合、強制送還から保護されていたため、改正が必要だったと述べた。

前から英文を理解した場合

The government said / the changes were needed / because the previous law protected those / who had committed serious crimes / from deportation / if they were applying for refugee status.//

政府は述べた/ 変更が必要であると/ 以前の法律は保護していたため/ 重大な犯罪を犯した人々を / 国外追放から / 難民認定を申請している場合。//

(出典:The Japan Times  https://www.japantimes.co.jp/)

返り読みには、速読力が上がらない、リスニングについていけないなどの弊害があります。

英語学習者の中には、テキストベースの学習に偏ってしまい、この返り読みが癖になっている人も少なくありません。

しかし、音読では、英文を前から声に出していくことになるので、自然とそのままの語順で英文の意味を理解していくことになります。

音読をすることで、英文を前から訳すことに慣れていくことができ、英語を英語の語順のまま理解することができるようになるのです。

自然な英語表現が身につく

音読が英語学習に効果的な理由の4つ目は、自然な英語表現が身に付くことです。

後述しますが、音読ではお手本となるネイティヴのモデル音声を真似ることがとても重要になります。

ネイティヴの発音を真似ることで、英語特有の表現や言い回しを覚えられるだけでなく、英語のリズムやイントネーションなど音の変化も一緒に身に付けることができるのです。

英語音読がもたらす4技能への効果

ここでは、音読がもたらす4技能への効果について解説します。

前述の通り、音読は英語4技能(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)全てにおいて効果があります。

それでは、1つずつ順番に解説していきますね。

リーディング力アップ

音読を実践することによって、リーディング力をアップさせることができます。

音読がリーディングに効果的な理由は以下の通りです。

  1. 英語脳に近づくことができる
  2. 読解スピードが速くなる

音読でリーディング力がアップする理由の1つは、「英語脳」に近づくことができるからです。

「英語脳」とは、日本語を解さず、英語を英語の感覚や語順で理解することを指します。

この英語脳に近づくためには、前述の通り「返り読み」から脱却することが必要です。

音読を実践すれば英文を返り読みしなくなるので、英語を英語の語順のまま理解できるようになります。

音読を行うことでリーディング力がアップするもう1つの理由は読解スピードが速くなることです。

前提として、人は文章を読む時に英文1つ1つを心の中でつぶやいています。

つまり、文字情報を音声情報に変換して意味理解を行っているということです。

音読することによって文字情報を音声情報に変換するスピードを高速化させることができ、結果として意味理解に到達するのが速くなります。

これらの理由から、英語音読はリーディング力アップに効果的だと言えるのです。

リスニング力アップ

音読はリスニング力アップにも効果的です。

リスニング力をアップさせるには、音声知覚の高速化・自動化が必要です。

「音声知覚」とは、ある音声を聞いてそれが何という単語かが分かることを指し、「音声知覚の高速化・自動化」とは、音声知覚の処理速度を上げることを意味します。

この音声知覚の処理速度が遅いと、「英語のリスニングについていけない」、「英文を読んだら分かるのにリスニングになると分からない」といった現象が起こります。

音読は英文を声に出す作業なので、正しく行うことで音声情報と文字情報が結びつき、音声知覚の処理がしやすくなるため、その結果リスニング力がアップするのです。

リスニングのメカニズムについて

ライティング・スピーキング力アップ

音読はライティング・スピーキング力向上にも効果を発揮します。

音読がライティング・スピーキング力に効果的な理由は、音読を通して自然な言い回しや表現、流れを覚えることができるからです。

さらに、イントネーションやリズム、アクセントの位置なども音読とともに習得していくことができます。

自然な英語表現を覚えたりイントネーションやリズムをつかむことができるようになると、スムーズに英語を口に出すことができるようになります。

このように、英語音読はスピーキングやライティングなどのアウトプット中心の技能を伸ばすことにも大きな効果が期待できるのです。

英語音読の効果的なやり方

効果的な英語音読のやり方は次の4つのステップから構成されています。

STEP
リスニング
STEP
本を見ながら聞く
STEP
わからない箇所を調べる
STEP
内容を意識しながら音読

それでは1つ1つについてじっくり解説していきます。

自己流でうまくいかないという人はとても参考になると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

STEP1. リスニング

まずは本やスクリプトは見ずに、教材の音声のみを聴きましょう

音声を聴くときのポイントは、意味に集中しながら聴くことです。

個々の単語や音を追いかけるのではなく、全体としてどのような内容なのかを把握していきます。

最大で3回程度聴き、おおまかな内容をつかむようにしましょう。

STEP2. 本を見ながら音声を聴く

次に、本を見ながら音声を聴きましょう。

音声を聴きながら本を見て、自分が分からなかった箇所の確認を行います。

ここでのポイントは、文法、表現、発音などわからない箇所には印をつけることです。

この作業は、後で英文の内容理解を行うための下準備になります。

STEP3. わからない箇所を調べる

次に、STEP2で印をつけた箇所を調べていきましょう。

分からなかった文法や表現の意味を調べ、英文1つ1つの意味理解を正確に行っていきます

また、発音が分からなかった場合は、その箇所の音声を聴き取れるようになるまで何度も確認してください。

英文のリズムやイントネーションについても自分で分かるように印を付けておくことをおすすめします。

STEP4. 内容を意識しながら音読

英文について分からないところを調べ終わったら、音読してみましょう。

ポイントは、常に内容を意識しながら音読することです。

内容を意識せずに音読してしまうと、ただ文字情報を声に出しただけになってしまい、音声・文字・意味の3つが結びつかず、意味理解の高速化に繋がりません。

また、発音が曖昧なときは発音を確認してから再度実施しましょう。

意味を理解しながらスムーズに発話できるようになることを目標に、繰り返し音読していきます。

英語音読のコツ・意識ポイント

ここでは、音読のコツや意識するポイントについて説明していきます。

音読を正しく実践するために大切なことについて解説していますので、ぜひチェックしてくださいね。

音声付きの教材を使用する

音読をする時のポイントの1つ目は、音声付きの教材を使用することです。

音声が付いていないものを選んでしまうと、発音の確認ができないため正しい発音が身に付きません。

発音を確認できるように、音声付きの教材を選ぶようにしましょう。

自分のレベルに合った教材を使用する

効果的な英語音読を行うための2つ目のポイントは、自分のレベルに合った教材を使用することです。

具体的には、その英文を読んだときにわからない箇所が1割以下になるものを選ぶようにしてください。

あまりに分からない箇所が多い教材を選んでしまうと、分からない箇所を調べたり、内容を理解するのに時間がかかりすぎてしまい、肝心の音読に割くことのできる時間が減ってしまう可能性があります。

音読の教材には、自分のレベルに合った教材を選ぶようにしましょう。

ネイティヴの発音を真似する

音読をする際の3つ目のポイントは、ネイティヴの発音を真似することです。

主に、音の変化を意識しながら発話するようにしましょう。

英語には、英語特有の音の変化があります。

英語特有の音の変化を知らないまま音読しても、正しい発音知識は身に付きません。

音声を何度も聴き、ネイティヴの発音を真似ることを意識して音読するようにしましょう。

英語の音の変化について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

内容を必ず意識しながら実施する

音読をする上で大切なことの4つ目は、内容を意識しながら実施することです。

声に出すことだけに集中するのではなく、意味にも意識を向けながら発話することを心がけてください。

内容を意識せずに音読をしてしまうと、ただ文字を声に出しているだけの状態になり、音声・文字・意味の3つを結びつけることができません。

前述のとおり、音読の効果は音声・文字・意味の3つを結びつけ、意味理解を高速化させることにあります。

音読の効果を最大化するために、音読する際は必ず内容を意識するようにしましょう。

定期的に同じ教材を復習をする

音読をするときに押さえておくべきポイントの5つ目は、定期的に同じ教材を復習することです。

定期的に復習することで、脳内の長期記憶をつかさどる部分に作用することができるからです。

人間がものを記憶するフェーズには、次の3種類があります。

  • 感覚記憶(一瞬だけの記憶保持)
  • 短期記憶(15~30秒程度の記憶保持)
  • 長期記憶(半永久的な記憶保持)

(出典:https://app.nova.edu/toolbox/instructionalproducts/edd8124/articles/1968-Atkinson_and_Shiffrin.pdf)

最初にあらゆる情報が感覚記憶で処理されますが、その中から注意を向けられた1部の情報が短期記憶によって処理され、さらにその中の1部が長期記憶へと流れていきます。

短期記憶で処理された情報は、しばらく経てば忘れられてしまうため、知識として半永久的に定着させるためには長期記憶へと情報を送る必要があります。

このとき、長期記憶から短期記憶へと情報を送るための作業が「反復」です。

音読も1度実践しただけでは、短期記憶にしか情報を送ることができません。

しかし、定期的に同じ教材を復習することで、短期記憶から長期記憶へと変換することが可能になるのです。

他の学習と組み合わせる

音読は他の学習と組み合わせることで、効果をより大きなものにすることができます。

語彙力を伸ばしたい場合は単語帳を使った学習と組み合わせたり、よりリスニング力アップにフォーカスしたい場合はシャドーイングと組み合わせたりすると効果をより実感することができます。

「シャドーイング」とは、聞こえてきた音を少しずつ遅れながら後を追うように発話する勉強法で、リスニング力アップに非常に効果的です。

シャドーイングについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

レベル別:英語音読おすすめの教材

ここでは音読におすすめの教材をレベル別に紹介していきます。

音読では、自分のレベルに合った教材を使用することが大切です。

ご自身のレベルに合わせて教材をチェックしてみてくださいね。

初心者向け:音読パッケージ

  • 対象:TOEIC300~500、英検3級~準2級程度の学習者

「構造と意味が分かる英文を何度も繰り返し口に出し、使える英語にする」ことをコンセプトに作られた英語トレーニング教材です。

中学レベルの英文で構成されており、英語学習初心者に最適のテキストです。

この1冊で、音読・リスニング・リピーティング・シャドーイングの全てのトレーニングができるようパッケージ化されています。

中級者向け:アメリカ口語教本

アメリカ口語教本
  • 対象:TOEIC500~700、英検2級~準1級レベルの学習者

英語を話せるようになることを目的とした教材で、1959年に出版されてから今日まで50年以上人気を維持し続けています。

全19レッスンで構成されており、それぞれのレッスンでは会話練習や会話表現の使い方などの解説があり、発音の練習もできるようになっています。

また、それらのレッスンの中にはパターンプラクティスが含まれており、基本となる英語表現に対して、10パターンほどに変化させる練習が用意されているのです。

このパターンプラクティスを通して、知っている表現を使える表現に変えることができるよう工夫されています。

上級者向け:1日10分 超音読レッスン 世界の名スピーチ編

  • 対象:TOEIC700以上、英検準1級以上

速読力・速聴力を強化することで「英語回路」を身に付けることをコンセプトに作られた教材です。

ウォルト・ディズニーやスティーブ・ジョブズなど、著名人によるスピーチが多数収録されています。

リスニングトレーニングのために2種類の速さの音声が収録されていて、英語を聞き取るのに慣れていない人でも取り組むことができるよう工夫されています。

この教材のよさは何といっても内容の面白さ。

世界の著名人によるスピーチに触れることで、英語学習へのモチベーションも上がります。

英語音読の効果をさらに実感したい場合は

ここまで音読の効果的なやり方について解説してきました。

しかし、音読の効果をさらに高めたい場合は、他の学習とも組み合わせて行いましょう。

特にリスニング力を上げたい場合は、音読とシャドーイングを組み合わせることがおすすめです。

効果的なシャドーイングを実践するのに最適なのが、シャドーイング特化型アプリ「シャドテン」です。

シャドテンのおすすめポイント

  • 英語のプロによる添削やフィードバックを毎日受けられる
  • ディクテーションテストがついていて自分のレベルが分かる
  • 音声の録音・提出に至るまで、全てアプリ1つで完結
  • スマホさえあれば場所や時間を選ばず始められる

自己流では続かなかったり、自分では気づきにくい弱点もシャドテンを使えば正しくシャドーイングを継続することができます。

確実にリスニング力をアップさせたい方は、ぜひシャドテンを試してみてください。

また今なら、LINEアプリからお友達登録すれば、リスニング学習に役立つオリジナルWebBOOK「リスニング力を飛躍的に上げる方法」を無料で受け取ることができます。

シャドテンオリジナルWebBOOK

シャドテンオリジナルWebBOOK『リスニング力を飛躍的に上げる英語学習法』をプレゼント!!

このLINEのアカウントでは他にも

  • リスニング力診断で、自分のリスニング力を測れる!
  • リスニングができない理由が判明する!
  • シャドーイングの正しいやり方を解説してくれる!

などなどリスニング力を上げたいあなたにピッタリなお役立ち情報満載!ぜひこの機に追加してみてくださいね!

このLINEアカウントでは他にも

  • リスニング力診断で自分のリスニング力を計測できる
  • リスニングができない理由がわかる
  • シャドーイングの正しいやり方を解説してくれる

などなどリスニング力を上げたいあなたにピッタリなお役立ち情報が満載。

ぜひこの機会に追加してみてくださいね。

Maho|監修者
カリキュラム責任者
慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒。新卒で航空会社に入社し、CAとして国内線・国際線に3年間乗務。その後、海外で生活しながら本格的に英語を学びたいという想いから、夢だった大学院留学を決意。オーストラリアに渡り、応用言語学・英語教授法(TESOL)修士号を取得。株式会社プログリットで英語コンサルタントを経て、現在はカリキュラム責任者としてシャドテン事業にも従事。
記事をシェア or LINEでお役立ち情報をGET!!

この記事を書いた人

カナダ在住。渡加以前はPROGRITのコンサルタントとして100人以上の英語力向上に尽力。
IELTS7.5/Versant73/TOEIC965 を保持。

コンサルタントとしてのクライアントの実績抜粋
IELTS 5.5 → IELTS 6.5 (3ヶ月)
IELTS 6.5 → IELTS 7.5 (3ヶ月)
Versant 45 → Versant 55 (3ヶ月)
Versant 40→ Versant 60 (6ヶ月)

目次

シャドーイングならシャドテン

7日間無料で体験する